医療の大革命:脳性麻痺の整形外科治療

神さまがいた:

どんな脳性麻痺障害もすべて治る

 

 脳性麻痺とは難しい病気ですね。再生医療を中心に雨後の竹の子のように色々な新しい治療が報告される。

 しかし、50数年の私の整形外科としての目から見ましても患者さんが満足し、形がきれいになって、動きもよくなる、どのような変形もなおせるという夢の治療法は残念ながら現れてきて来なかった。そんなに簡単になおる病気ではないようですね。脳性麻痺になったらもう治る事はないんだというあきらねの感じのただよう病気の用ですね、こわいつらい病気です。

 しかしあきらめないでいい。科学の発展した現代において、どうやらこの難解の運動異常の病気も運動医学の中心である整形外科という科学の手で夢のようになおるようになったのです。

 しかも特定の変形だけでなく、体のあらゆる部分の変形がすべて美しくなり、やわらかく、力強く。自分の思うように動かせるようになったのです。

 股関節のクロス、内ねじれも

● 膝のまがりも

● 膝のつっぱりも

● 外反偏平足も内反足も尖足も

どんな足の変形もきれいに正常の形にももどせます。力も付いて立ちやすくなります。

● 背中、腰のそりも

● ねこ背変形も

● 背中のまがりの側弯も少なくなります

● 肩のひき、肘のまがりもつっぱりも

● 前腕の内ねじれ、手首の内曲がりも

● おやゆびの曲がり、内曲がりも、かたさも 

● 手指の曲がり、そりも、やわらかく思うように動ける指へ変わっていきます。

● 頸のそりも、ねじれも

自由自在になおる時代、すごい時代になりました。

 全身のあらゆる部位の変形や動きの悪さをひきおこす、かたい緊張した筋だけを一つひとつ緩め、緊張を抜き去り、正常に近い動きを回復出来るようになったのです。例外は全くありません。

 また全身性の反りや曲がりも、一つひとつ悪い場所を丹念に治していけばすべてより正常に近い形にそして動きに変えていけるようになったのです。

 このようにあらゆる脳性麻痺の運動障害がなおる事になった事を記念して、この治療法について若い整形外科医が運動医学の先端医療として取り組んでいますので、これをさらに広げ、日本中のそして世界的の脳性麻痺の患者さんに使われ得ますように、私の所でこのホームページを使って紹介していきたいと考えています。楽しみに読んでいただければ幸いです。とても科学的で、科学がこんな事も出来るようになったと喜んでいただけると思っています。科学の中に運動医学という面白い分野もあることを楽しんでいただければ幸いです。
神さまが私達の整形外科治療の中にいたのですね。