整形外科選択的ジストニアコントロール手術   

 ジストニアという、体の一部が体の内側からねじり倒される病気は心の底から凍り付くような怖い病気ですね。体全体が体の内側からねじり倒される激しいジストニアもつらいですね。職業上のあるいはスポーツ上で体の一部の筋肉を使いすぎておこすジストニア、フォーカルジストもうまく治せず職業を放棄せざるを得ない辛辛さも本当に辛いだろうと思います。

 ジストニアは動きの悪さの病気であり、整形外科としても運動医学として無関心ではいられないのですが、動きがあまりにも異常に過ぎて、手を出しかねていて放置した形になっておりました。神経の異常の病気だろうとの私の自身の錯覚の中で、整形外科の関与する分野ではないと早まった判断をしており、脳神経外科にお任せるという感覚があったかに思います。

【脳性麻痺(動きの異常の疾患)の分野では】

 一方で脳性麻痺、さらには脳性麻痺アテトーゼ(二次性ジストニア)という動きの異常な病気を治療する中で、脳性麻痺という疾患が運動医学手法で動きの異常というとらえ方をされ動きの異常を直接、筋活動の異常としてとらえ、動きの正常化がはかれるようになっています。筋肉の異常な動きだけをゆるめ抑制して、より人の筋らしい筋を活性化し正常の動き、正常なスタイルをもたらす事が出来るようになったのですね。

 選択的痙性(ジストニア))コントロール手術がその具体例となります。あの治療の難しかった脳性麻痺が正常の形にむけて治るようになり、より正常の動きが出来るようになりました。それはそれは力強い動きを活性化出来るようになり、美しく、スタイルいい姿勢を獲得出来るようになったのです。また脳の異常・錐体外路系の障害で起こってくるとされる二次性ジストニア(アテトーゼ)も並行して選択的痙性(ジストニア)コントロール手術で脳神経系に少しも侵襲を加える事なく、その不随意運動をとめ、正常化に近い動き、姿勢を獲得する事が出来るように気付きます。

 すなわち神経異常によっておこるアテトーゼも、筋系のバランス異常:アテトーゼの動きそのものを、直接体から抜き去れば、正常な動き、スタイルを脳神経に侵襲を加える事なく獲得出来るという素敵な成果をあげる事が出来るようになったのです。

 荒々しい体の中から体全体を引き倒す悪王筋、野生の筋だけを切り離すだけで、夢に見たようなやわらかい動き、力強い動きのボテイーを生み出す事が出来るようになったのです。革命的と言える動きの医学の進化です。

【更にアテトーゼの整形外科分野では】

 選択的痙性(アテトーゼ)コントロール手術が完成され数百名余りという数のアテトーゼの患者さんに実践されてきました。

 この手術は体全体におこなう事が可能で、あらゆる体のアテトーゼはすべて例外なく少なくされ、体の正常化に後立ちますが、特に頭・体幹のアテトーゼの弱間に有効で、恐怖の頚椎症性神経根症、脊髄症をなくす取り組みに著効を得てきたのです。頚部アテトーゼのコントロールは現在完璧に可能にな、り脳性麻痺アテトーゼの整形外科アテトーゼコントロール手術は大きな福音をアテトーゼの患者さんにもたらしました。もうこの病気で死ぬ事はなくなったのです。

 大きな成果でこのアテトーゼコントロールでアテトーゼ頚の患者さんは10年以上長生きしさらに頚椎前方除圧固定術で更に10年以上長生き出来る事が確実になっています。

【ジストニアの治療の依頼を受ける】

 このように脳性麻痺の動きの異常、アテトーゼ・二次性ジストニがア整形外科の筋肉の治療だけで美しく治る事に気づいた時期に、親友の江崎正孝氏(整形外科脊椎外科医)から「ジストニアの患者さんがいる、先生の手術はどうだろう」と診察依頼がありました。

この患者さんは頚の後ろに緊張があって頚の後ろに反ってしまい顔は天井をむいてしまって歩けないという事なのです。患者さんはなんとしてほしいといわれます。

 こうして頚の後ろの荒々しく動く野生の筋を切る手術が始まりました。治療後に感想は「頚が後ろに反する程度のジストニアは簡単に筋の手術で治る」というものになります。顔がまっすぐに前を向けるようになり、顔を前にむけて歩けるようになったのです。

 ジストニアは脳神経系の異常だから脳の異常を直接治さなければ治らないというこれまでの発想でなくてもいい。脳性麻痺の運動学的治療でも選択的痙性(ジストニア)コントロール手術でも充分にジストニアは治るのではないかという考え方を強く持てるようになった初めての経験でした。

 図1(A術前、B術後)のあと、アテトーゼ頚のみらず色々なタイプのジストニアを治してきました。なんの副作用もなく美しくやわらかく治っています。

 最近ではとても難しそうな激しい頚の捻転ジストニアをコントロール手術し、きれいに正常の美しい動きとスタイルを甦らせました。ホームページ「頚部ジストニアの整形外科治療ーYou Tubeをご覧ください頚の整形外科的選択的(ジストニア)コントロール手術で頚だけの手術で頚を含め全身の捻転ジストニアが美しく正常化出来ています。

図1(A術前)

 

図2(B術後)