トップページ

脳性麻痺の整形外科治療

ーー整形外科的選択的痙性コントロール手術ーー

美しく、やわらかく、力強く治す

 

脳性麻痺のお子さんを持つお父さん、お母さんそして脳性麻痺に苦しむ御本人の皆さんへ

 脳性麻痺は美しくふっくらと力強くバランスよくなおる時代になりました。
 どのように難しい脳性麻痺特有の障害でも整形外科の正しい手術で正常の体のやわらかさに近づけ、姿勢も動きもよみがえってくるようになったのです。 あなた方が苦しんでる生まれてからすぐ起こってくるのクロスの股関節変形もやわらかく、美しく股を開いて、立ったり歩いたりできますよ。クロスの痙性麻痺も治ります。膝の曲がりも、膝のつっぱりも、内ねじれも軽く正常のレベルに美しくなおります。一方、延長する腱の長さも1960年代から緻密に検討され丁度いい長さに延長の長さを決め

 アテトーゼ脳性麻痺の頸のねじれと痛みとしびれも完全にねじれがとまり、痛みやしびれもとれます。 アテトーゼでにぎりしめられた指も自分の思うように動かせる様になりました。肩のあがりの悪い苦しみもなおります。背中の曲がる側弯症も美しくやわらかくなおるようになっています。もちろんそりも適切にゆるめることができます。

 

@あきらめてはいけません。

 ただし正しく治療をすればという条件がつくのです 。正しく治療すれば美しく、やわらかく、力強く治ります。約束できます。

 脳性麻痺の全身にわたる変形とか痛みとかしびれとか苦しみは専門家の整形外科医の私から見る限り、ほとんどこれまでよくなるということはなく、治療のあとも曲がった姿勢のままでよくなっていないというのが実態でした。 具体的もっとも治りにくかったクロス変形をみてみましょう。 クロス変形が脳性麻痺によく見られる代表的な治りにくい変形・姿勢ですね。の変形が、美しく正常に近づいて治ったという方を見た方がおられますか? そう、クロス変形が手術で美しく正常に近くよくなったという子供をみたことがありますか?

 整形外科では私は見たことがなかった。私自身の手術を含めて、整形外科では見たことがありません。 スタイルよく歩けるように装具なしで歩けるようになった人がおるでしょうか?私の期待はこれまでの所、むくわれているとは いいにくい整形外科医から見ますと、あらゆる治療は絶望、絶望、また絶望

 医療とはもともと患者さんの苦痛をある程度、患者さんとその周辺の人を満足させる施術であるはずですね。 しかし、脳性麻痺に医療をほどこし、脳性麻痺にかかった人を内部からみつめる医師から見ると整形外科、脳神経外科などそれぞれの施術は頑張っていることは充分に認めますが、合併損傷も大きく合併症状を上まわ治療が開発されているかどうかにも疑問があります。 実に医学的には得るものと失うものをてんぴんにかけて見る時、寂しい分野の医学なんですね難しい分野でもあるのです。
 

 一方でこの美しくなおす事の絶対に出来なかったクロスが私達の運動医学・整形外科手術でそれはそれはスタイルよく、ふっくらと人間らしい動きでバランスよく、正常な人間に限りなく近づけてなおせるようになっているのです。 整形外科にとっては夢のような時代になりました。頭の先から、手指まで、、、そして足の先までその人の持っている動きも回復できるのです。 しかし、そのためには整形外科医はもとより、お父さん、お母さん、あなた方も必死にこのよくなる治療のあり方を勉強して、この昔からの悪夢の治療を避けて、二度と美しい体になれなくなることのないようにしなければ。あまりにもこども達が可哀そう。 親達も勉強する責任もあれば整形外科医も充分な情報をお父さんおかあさん方に提供する役割もはたさなければならない。


お父さん、お母さんへ

 お父さん、お母さんが感じられるように、医学のどの分野でも脳性麻痺のクロスは美しく治せない難しい課題です。 しかし大変有難い事に正しく整形外科の分野で脳性麻痺の人の体あらゆる部分で固い緊張だけを特別により分けて切りとり、やわらかい体を生み出す事が出来るようになったのです。かたいつっぱった筋だけをより分けてこれをやわらかい筋に変える事も出来るようになりました。それは素晴らしい発見でした 。


① 頭・頸も
➁ 体・胸・背・腰・腹も
③ 肩・肘・手首も
④ 手指・親指も
⑤ 股関節のクロスも
⑥ 膝のまがりも、つっぱりも・足の変形も
体のどこでも美しくスタイルがよくなり、ゆったりと軽やかに動けるようになれるのです。

 その内容はこれまで
1.脳性麻痺相談室
2.脳性麻痺機能改善の話
3.脳性麻痺・脳卒中・ジストニアの整形外科治療
4.小児麻痺クロス、尖足、内ねじり歩行の痙縮治療のホ-ムぺ-ジで少しずつ紹介してきました。
いずれも治療が進化し、よりうまく治療が出来るようになった発達段階の現状をお伝えしてきたものであります。ご愛読ありがとうございす。

 そして今回脳性麻痺のあらゆる悪い症状をすべて治せる段階に到達したのを機会に、私自身のホ-ムぺ-ジとして発表することにしました。

 どうしたら美しく、やわらかく、力強くクロスをなおせるか?どうしたら失敗する立場にならず、あなた方の子どもを美しく豊かに育てられるか。その基礎となる脳性麻痺の整形外科治療についてよりく詳しい情報を提供する事にいたしました。

 より美しく自分のお子さんを治したいと思われるお父さん、お母さんは、直接私宛に治療を申し込んでください。私の技術で治せるところは全部治します。